訪問介護、膨大なデータ管理に活用したい介護ソフト

サポート体制

輝く数枚のCD

介護現場は実にアナログな世界だ。現代に置いても計画、評価、情報管理など、現場レベルでは実にアナログである。
ただし少しずつではあるが、IT化の波は来ている。IT化の普及に支障をきたしているのは、まぎれも無くパソコン操作への嫌悪感である。
実際に現場レベルでは、女性が非常に多い職場環境である。女性が一概にパソコン操作が苦手と言う事では無いが、現場レベルでは苦手な女性が目立つ。
しかし、IT化が進むと絶大な効率化が待っている。介護現場の帳票作成から実際の利用管理まで全て一括管理が出来るソフトは既に開発されている。
これにより、一つの端末で作成した情報で、ほとんどの作業工程を完了する事が出来る。これにより、一つ一つの行程を個別に作業する必要が無くなる。
これだけでも、現場レベルでは革命的な仕事効率のアップが図れる。

介護保険を利用するサービスにおいて、現在最もホットな話題は地域包括ケアシステムの構築だ。
医療、福祉、介護、地域がつながりをもち、包括的にサポートして行こうと言う仕組みだ。
これはアナログな現場では、実に時間を割き本業がおろそかになると危惧する声が多数ある。
しかし、地域包括ケアをデジタルに実現するソフトウェア及びクラウドシステムが構築されたらどうだろう。
利用者の情報がリアルタイムで更新され、迅速な対応が可能となる。
これは効率化だけでは無く、高齢者の安全なネットワークを作る事にもなる。
人と人とが向かい合って行う地域包括ケアシステムだからこそ、デジタル化が進み高齢者にとってより良いライフスタイル提供が出来る仕組み作りに期待したい。
苦手意識がある人達の対策も並行して行い、急速に介護現場がデジタル化する事にも期待したい。