訪問介護、膨大なデータ管理に活用したい介護ソフト

サポート体制

輝く数枚のCD

訪問介護を行なう施設や事業所の多くで介護ソフトが使用されています。介護ソフトはその事務処理だけではなく、専門スタッフやコールセンターを設け、操作のサポートがある事や、法改正の際のバージョンアップも行ってくれます。

Read More →

介護ソフトの特徴

キーボードを触る手

訪問介護における、利用者の自費サービスの管理から、スケジュール作成、実績確認など、実際の業務に沿った内容が充実しているのが訪問介護専用の介護ソフトの魅力と言えます。

Read More →

簡単なソフト

ストレッチを施すヘルパー

介護ソフトは非常に便利なものです。
介護保険の請求はもちろんの事、データ管理が簡単に行える事から、訪問介護を行なう事業所でも多く介護ソフトが導入されています。
介護ソフトには「パッケージ型」と「ASP」型があり、それぞれに特徴とメリットがあります。
例えば、パッケージ型ソフトはカスタマイズが可能で、事業所に合った使い方をする事が出来ます。
初期費用はかかりますが、毎月の保守費用さえ払っていれば、その他は時々のメンテナンスで済みます。
一方「ASP型」というタイプはインターネットからダウンロードして利用するタイプが多く、毎月の費用がかかります。
その代わり、バージョンアップやセキュリティなどはソフト会社が行なうので手間がかからないという点で喜ばれています。
介護ソフトはその施設の規模や、訪問介護、通所介護という違いによっても選び方が異なってくるので、様々な介護ソフトを比較して決めるのが良いです。

国保連合への請求が出来るソフトも存在します。
通常は紙媒体を使い、CDディスクなどの電子媒体を使う事、伝送請求が主でしたが、介護ソフトの中には、ソフト上で作成したレセプトをそのまま伝送出来るものがあります。
介護ソフトから伝送ソフトへデータのアップロードをしてから国保連合会へ送る事や、データをメールなどでやり取りするといった事務作業が軽減されるのです。
また、支払い決定通知書や返戻通知なども国保連合会からデータ送信されるので、その介護ソフト内の操作で事務処理が簡潔するのです。

しっかり記録

PCの周りに浮かぶソフトウェア

訪問介護の現場における事務作業軽減に必須なのが介護ソフトです。介護計画のモニタリングや記録機能も充実しており、それぞれの事業所に合わせて帳票パターンを選ぶ事が可能です。

Read More →

職員の管理も

青空に浮かぶ老夫婦の指

ヘルパーや介護福祉士の勤務やシフト管理機能を備えている訪問介護専用介護ソフトもあり、これ一台で施設、事業所の運用をトータルに行なう事で、簡単に事務処理を進める事が出来るのです。

Read More →

ホームページサンプル

  • V-CUBE

    Web会議を導入すれば、離れた場所にいながら臨場感溢れる会議ができますよ。こちらは多くの企業が導入しています。